≪ NEXT PAGE | HOME | PREVIOUS PAGE ≫

2009-11-16 沖縄の野生動物の交通事故死相次ぐ。
環境省那覇自然環境事務所は、2009-11-13付けで今年はヤンバルクイナの交通事故(20件目で死亡は16件目)、ケナガネズミの交通事故(3件)だったので、野生動物の交通事故防止のため、注意を促すお知らせを発表したようだ。
10月27日(火)、国頭村の村道で、交通事故に遭ったと考えられるヤンバルクイナが救護され、翌28日に死亡しました。 今年に入り20件目の交通事故(死亡は16件目)で、昨年1年間の交通事故確認件数19件を上回り、過去最悪の件数となった2007年の23件に次ぐ件数となりました。
那覇自然環境事務所【お知らせ】ヤンバルクイナの交通事故について(お知らせ)

「ヤンバルクイナの非繁殖期である冬季においても、毎年交通事故が確認されていることから、やんばる地域(特に国頭村内)での車両の走行には十分ご注意願います」と注意よびかけている。
また、同事務所は 2009-11-13付けで「アマミノクロウサギ事故防止キャンペーン」を11月17日から23日までの1週間の間行うことを発表した。
本年は、、アマミノクロウサギの事故死体の確認が急増しています。
 特に、繁殖のために活動が盛んになると考えられる秋期になって、9月14件、10月14件、11月は12日までに7件の死体が、それぞれ確認されています。多くは、交通事故又はノイヌ・ノネコによる被害と考えられており、いずれも人間の活動に起因します。
 事故死による個体数の減少は、本種の生息を阻害する深刻な要因となっており、絶滅のおそれのある希少野生生物の保護のうえでも、世界遺産登録を目指す奄美地域のシンボル保全の観点からも、看過できない事態です。
 このため、環境省那覇自然環境事務所では「アマミノクロウサギの事故死に関する非常事態」を宣言するとともに、アマミノクロウサギの事故防止、及び保護についての普及啓発を図るため、11月17日から23日までの1週間、関係機関との共催で、奄美大島において緊急に「アマミノクロウサギ事故防止キャンペーン」を実施します。
那覇自然環境事務所【お知らせ】アマミノクロウサギの事故死に関する非常事態宣言について(お知らせ)


いずれも人災なのがちょっと悲しい・・・
関連記事
この記事のURL | 動物のニュース・CM・動画 | 2009/11/16 | トラックバック(0) | コメント(2) |
page top

コメント

  1. 1 ■無題
  2. 動物の交通事故を無くす為には 人間が気を付ける以外ないですもんね(((・・;)
    ヤンバルは絶滅危機にあるのにどうにか出来ないものでしょうか。
    from  run-run    2009/11/16 23:48 No.14843 #79D/WHSg[ 編集 ]

  3. 2 ■■run-run 様■■
  4. >動物の交通事故を無くす為には 人間が気を付ける以外ないですもんね(((・・;)

    ですねぇ。
    それと住んでる人にはスズメやカラスとかと同じ感覚なんじゃないかな?と思います。
    それと、急に車の前に飛び出してきたら、車だって急に止まれるわけもないですから、
    その土地の人だけを責めるわけにはいかないと思うんですよ。
    ひき逃げはダメって方向の認識にした方がいいのになぁ・・と思いました。

    >ヤンバルは絶滅危機にあるのにどうにか出来ないものでしょうか。

    ですね。
    アマミノクロウサギの方が非常事態宣言が出てるので、かなり深刻みたいですけど。
    from  noharm(のはん)    2009/11/18 09:49 No.14844 #79D/WHSg[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://noharm.blog65.fc2.com/tb.php/2557-c4e5b927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

≪ NEXT PAGE | HOME | PREVIOUS PAGE ≫