| HOME |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 |
page top
2010-10-26(3歳と269日目)
ヤエザクラインコブリ@ ヤエザクラインコ 朝49g 夜49g

主食は配合餌
たから箱は外しました。
雑穀穂は追加なし。

寒くなったので、ボアシーツを出しました。

お気楽コザックラーのコザクライフ
(ちょこん。)

ボアシーツを出したら発情して、掛け布団でボアシーツを隠すと気が荒くなって大暴れ汗
・・・とは言っても威嚇が多くて、もし噛まれても流血騒動にはなりませんが・・・。
仕方が無いので、ケージに入れてカバーをかけて落ち着いてから出して撮りました。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常3歳 | 2010/10/26 | トラックバック(0) | コメント(10) |
page top
2010-10-26 Dole アメリカ産ブロッコリー
コザクラインコピー@ コザクラインコ 朝47g 夜48g

主食は配合餌
たから箱は外しました。
雑穀穂は追加なし。

ブロッコリーは賛否両論の野菜です。

お気楽コザックラーのコザクライフ
Dole アメリカ産ブロッコリー 98円


獣医師や飼育本などで推奨されている野菜でも連続はまずいと思うのに、反対派のいる賛否両論の野菜を頻繁ににあげるのはまずいんだろうなと考えています。
なので、1年に数回、他の野菜がなくて、値段が安かった時にあげています。

お気楽コザックラーのコザクライフ
(じーっ。)

お気楽コザックラーのコザクライフ
(じーっ。)

いつもは塩無しで、半生か、茹でてあげるんですけど、今回は生であげてみました。
初めは相手の出方を見てた感じ(?)でしたが、少しだけでしたがモグモグ食べていました。

お気楽コザックラーのコザクライフ
(ちらっ。)


芽キャベツ、ケール、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、コマツナ、チンゲンサイ、ナバナ、ダイコンなどはアブラナ科の野菜です。
これらアブラナ科の野菜にはグルコシノレートという成分が含まれていて、ヨードの吸収を妨げるとか、甲状腺肥大や甲状腺腫を引き起こす物質(ゴイトロゲン)を含んでいるのだそうです。
そのため、芽キャベツ、キャベツはインコにあげるべきではないといわれています。
栄養のあまりなさそうな淡色野菜を危険の可能性を推してまであげるメリットも見当たらないため、芽キャベツ、キャベツはうちでは与えていません。
ちなみに、同じアブラナ科の野菜でも小松菜と青梗菜は摂取させるべきである(あげるべきである)とされています。
これは、勧める獣医師がいても、反対する獣医師や反対意見を見た事がないので、栄養価が高いというメリットが勝るのだろうと勝手に解釈してあげています。


↓お迎えした方はもちろん、お迎え準備の方にオススメ↓

コンパニオンバード百科―鳥たちと楽しく快適に暮らすためのガイドブック/著者不明
¥3,990
Amazon.co.jp

↓鳥専門や鳥に詳しい病院が近所に無い人にオススメ↓
コンパニオンバードの病気百科―飼い鳥の飼育者と鳥の医療に関わる総ての方々に薦める“鳥の医学書”/小嶋 篤史
¥3,360
Amazon.co.jp
↓しつけの方法やトリック(芸)の教え方の方法が知りたい方にオススメ↓
遊んでしつけるインコの本―よい関係をはぐくむための遊びのレシピとしつけのミニ知識/青木 愛弓
¥1,680
Amazon.co.jp

インコのしつけ教室―応用行動分析学でインコと仲良く暮らす/青木 愛弓
¥1,680
Amazon.co.jp



関連記事
この記事のURL | 野菜 | | トラックバック(0) | コメント(30) |
page top

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。